R5年1月28日お金の話記事更新あり

【読書感想文】人として心を高める方法が書いている書籍『幸福のための人間レベル論「気づいた人」から幸せになれる!』の紹介

どうも!エリアです

今回紹介する書籍は

『幸福のための人間のレベル論「気づいた」人から幸せになれる!』です

この書籍でわかること

結論
  • 自分が幸せになりやすいかどうかわかる
  • 人として成長させてくれる
  • 人との付き合い方について

次にこの書籍をオススメ出来る人は

この書籍をオススメ出来る人
  • 自分の心を高めたい人
  • 『今』幸せと感じない方や現実がつらいと感じている人
  • 人間関係をよくしたい人

にオススメ出来ます

かなり為になる書籍だったので、図書館に寄贈しています

〒787-0306
高知県土佐清水市幸町4-19

営業日:毎日
営業時間:10:00~18:00

TEL0880824151
FAX0880824160

この書籍は、フィールドとかステージという風に書かれていますが

悪いフィールドにいるからダメ!と言っている訳ではありません

エリア

下のフィールドやステージにいると
幸せになりにくいよ!って
諭してくれている書籍ですよ!

エリア

それでは解説していきます!

目次

『幸福のための人間レベル論「気づいた人」から幸せになれる!』の基本情報

著者

藤本シゲユキ

1975年、京都府に生まれる

17~29歳までバンドマンとして活動、30歳を目前にホスト業界に転身する

その後、ホストクラブオーナーを経て、女性向け恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主

これまでに培ったノウハウを改良し研究を重ね、現在は悲恋改善アドバイザーとして活動中

豊富な人生経験と鋭い感性、洞察力を基に、恋愛&生き方指南をするブログ「だまされない女のつくり方」は、月間100万PVにのぼる人気ブログとなっている

著者には『本命になる技術』(WAVE出版)、『これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ 友達をつくるように、彼氏が出来る本』がある

出典:幸福のための人間のレベル論「気づいた」人から幸せになれる!

オフィシャルHP(ブログ):「だまされない女のつくり方」
https://damasarenaiwa.com/

出版:さくら舎

出版日:2018年9月8日

『幸福のための人間レベル論「気づいた人」から幸せになれる!』の内容

この書籍は、幸せになりやすい人を、4つのステージに分けていて

  • ひとでなしステージ
  • 気づいていないステージ
  • 気づいているステージ
  • 悟りステージ

に分けています

しょぼんくん

ふーん、エリアさんはひとでなしステージかな?

エリア

残念ながら違います

しょぼんくん

(´・ω・`)

エリア

がっかりせんといて……

この書籍の著者は、色々な方の相談に乗っていて、その中で

8割の方が、気づいていないステージと言われています

しょぼんくん

気づいていないステージと、気づいているステージの違いはなんなのん?

エリア

それは今から少しずつ解説していくとして、すべてのステージの解説からしていきますね

4ステージの分類

エリア

簡単に解説しておきますね!
書籍では、もっと色々書かれていますよ!

人でなしステージ
  • 近づいたらアカンやつ!
  • 盗んだり、暴力をしたり、反社会的な性格の方々
気づいていないステージ
  • 基本的に、人のせいや環境のせいにする方
  • 自分の常識や、自分のルールでしか物事を判断出来ない方
  • 自分のことを理解できていない方が多い
  • 人や状況をコントロールしようとする
気づいているステージ
  • 自己成長に余念がない
  • 対人関係でのストレスがほぼなくなる
  • 物事のすべては繋がっていると理解している
  • 自分の欠点を理解した上で改善を試みる
  • 自分の内面を見つめて、思考を深めていく
悟りステージ
  • 真理の追求に余念がない
  • 怒りをほとんど感じない
  • 「愛」を生き方のベースにして心掛けている
  • 行動の動機が情熱、幸福、愛
  • 創造することに喜びを感じ、創造したものを人や社会に分け与えたい
エリア

とまぁ、ステージ毎に分かれていますが、幸せになれるかどうかは、『自分の心』次第な所です

この記事では、出来るだけ読者の方に、幸せになっていただきたいので

この書籍の、気づいているステージの登り方を解説していきたいと思います

気づいていないステージと気づいているステージの特徴を解説

『世間体や人の評価』、『固定観念』を気にしないことが必要になってきます

しょぼんくん

む?
自己中かな?

エリア

いやいや、違います
あくまで、人の迷惑に掛からない程度に
他人からどう思われようと、自分の趣味、嗜好を楽しんで自分の人生を謳歌していこうっていうことだね

『世間体や人の評価』を気にすると、自分本来の姿ではなく

周りに合わせた自分になってしまいます

簡単に言うと、ずっと演技している自分にならざる負えない状態でしたからね

エリア

いやー、もうほんと窮屈でしたわいな

しょぼんくん

エリアさんもそうだったのん?

エリア

そうだねー
というか、誰しもそういうことは経験すると思いますよ

あとは、自分の『固定観念』から抜け出すこと!

『固定観念』は、親や他人から価値観を学んで、自分の常識となっていることで

自分の常識と、他人の常識をいっしょにしてしまい

自分の常識とかけ離れていた場合に、人を攻撃したり、コントロールする可能性があります

しょぼんくん

ちょっとわからない

エリア

常識というか、自分のルールであったり、正義であったりと、例えば
『人に優しくならないと行けない!』みたいな、んで
人に優しくしていない人に、それを強要しちゃうみたいな

しょぼんくん

エリアさんだね

エリア

うむ……
ワシもまだまだじゃよ

今は、そういうことはしないように気を付けていますがね!

そういう『固定観念』からの脱却が必要になります

エリア

はい!そこ!自分は大丈夫とか思ってるかもだけど!
感情を出して怒ったりする人は、人を感情でコントロールしようとしているからね!

しょぼんくん

実体験だと、説得力がありますね

エリア

若さゆえの過ちですね

気づいているステージと書かれていますが、何に気づいているのか解説していくと

  1. 目の前に起こっている現実は、すべて過去の自分が選択した結果である
  2. 人がどう思うかじゃなくて、自分がどう思うか
  3. 自分に起こる悪い出来事や逆境は試練であり、乗り越えるべきもの
  4. やりたいことはやるし、やりたくないことは極力しない
  5. なるようにしかならない

ということが書かれています

しょぼんくん

仕事してると、無理じゃね?

エリア

そうでもない
確かに、ブラック企業で働いたり、人間関係がアカン所で働いている人は、大変だと思いますが
そこで働くと『決めているのは自分』という認識が重要になってきますね

エリア

今の時代、転職するのが当たり前の時代になってきていますからね
職場が嫌なら転職とか、仕事をやめて、違う道を模索して、スキルを身につけていけばいいだけですからね

しょぼんくん

なかなか大変そうだね

エリア

簡単ではないけど、ブラックな職場で働いていたら人としても成長はしにくくなりますし、スキルも身に付きにくいので、人生は一度きりなので、やっぱ楽しみたいじゃない?

じゃあ、どうやって気づいているステージに上がるのかというと……?

気づいているステージの登り方

重要なのが

『自分を知ることですね』

しょぼんくん

自分は自分じゃない?

エリア

そうなのねー
じゃあ、しょぼんくんは何が好きですか?

しょぼんくん

ゲームですね

エリア

じゃあなんで、ゲームが好きなん?

しょぼんくん

面白いからだね

エリア

じゃあなんで、面白いと思うの?

しょぼんくん

ふぁ!?……面白いからだよ

エリア

そうそこで、なんで自分が面白いと感じるかを深堀していくことが、自分を知るということになるのですよ

 

自分を知ることを、内観とよんだり自己分析と言ったりしますが

自己分析に特化した書籍が、『メモの魔力』という書籍が自己分析に特化した書籍になっているのでオススメですよ!

まとめ

はたっぴブログのキャラ:エリア:虫眼鏡:全体像

最後の最後で、違う書籍を押す形になってしまいましたが

『幸福のための人間レベル論「気づいた人」から幸せになれる!』は、本当に勉強になる書籍でしたので

自分が『今』幸せに感じていない方や、現実がつらいと思っている方はぜひ読んでみてください!

いい書籍だったので、図書館の方に寄贈しています

〒787-0033
高知県四万十市中村大橋通4丁目10

営業日:毎日
営業時間:9:00~19:00

TEL0880352923

今日はそんな所!ノシ

エリア

なかなか怪しいタイトルでしたが、読んでみるとかなりの良書でした!ノシ

しょぼんくん

早く悟りステージまで上がってどうぞノシ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめましてエリアと申します
ゲーム、アニメ、マンガ大好き、サイクリング大好き
現在はブログを書くことにハマっています!
時は金なりが座右の銘なので
時間短縮できるアイテム、投資であったり、趣味、高知のことを記事にしていきます

目次
閉じる